トップページ 被害者  保険会社  ペット  ポイント  良心的  事故に強い  損保基準  役割の違い  サイトマップ

交通事故専門の弁護士へ依頼する

保険会社

予期できない

運悪く交通事故被害者になってしまった時に、
損害賠償額を計算する基準には「自賠責保険基準」「任意保険基準」「裁判所・弁護士基準」の3つのがあります。

三つの基準

一般的に、保険会社からは「自賠責保険基準」「任意保険基準」に基づいて損害賠償金が支払われますが、
これが不当に不十分な提示金額である場合があります。

そこで、交通事故被害者の方は、保険会社の言いなりでの和解を避け、適正な賠償額を支払ってもらうためにも
弁護士に依頼し、保険会社との交渉を任せることによって、賠償額が一番高くなる場合が多い
「裁判所・弁護士基準」での和解に持ってゆくことを検討する必要があります。

しかし、弁護士に依頼をすれば、賠償金が高くなる可能性はありますが、一方で弁護士費用がかかります。
そのため、一般的には一度法律事務所に相談して、どの程度賠償金が高くなる可能性があるかを
比較検討した上で、依頼するかどうかを決定します。

弁護士への依頼を決定

最近は無料相談の法律事務所も増えていますので、それを利用すると良いでしょう。
兎も角、交通事故被害者になってしまった時は、大手の保険会社だからといって
適正な賠償金がきちんと払われるとは限らないことを覚えておきましょう。

親身になって考えてくれる担当者に当たればまだストレスも少ないですが、
中には高圧的な物言いをする保険会社の人もいます。

ただでさえ疲れているときに、嫌な態度を取られたり自分の意志を汲み取ってもらえないとなると
言い返したりしたくなる気持ちが出てしまうかもしれませんが、そこはあくまでも
良好な関係を保つよう心掛けなくてはいけません。

そこで無駄にトラブルを起こしてしまうと、結局は自分の身に返ってくるだけなのです。
そうならないためにも、できる限りの知識を身につけておき、柔軟に対応できるだけの
準備を早めに進めておきましょう。

Copyright(c) jikosya All Rights Reserved.