トップページ 被害者  保険会社  ペット  ポイント  良心的  事故に強い  損保基準  役割の違い  サイトマップ

交通事故専門の弁護士へ依頼する

良心的

予期できない

交通事故の被害に遭った場合に、弁護士に依頼することがあります。

特に示談金の交渉においては、加害者が加入している保険会社の提示してくる示談金額は
保険会社独自の基準によって算出された金額ですので、決して高い金額ではないことが多々有ります。

示談金の額

その様な場合でも弁護士に依頼すれば、過去の判例に照らし合わした金額を請求してくれますので、
保険会社が提示してきた金額よりも増額することが可能です。
一般的に弁護士に依頼するとなると着手金が必要となります。しかし中には着手金無料の良心的な弁護士事務所もあります。

なぜ着手金を無料で引き受けてもらえるのかと言うと、交通事故の示談金の交渉相手は保険会社ですので報酬を取り損ねるリスクが少ないからです。
交通事故の示談が成立すればまず弁護士事務所に示談金が振り込まれます。
そこから報酬を差し引いた残りを依頼者に支払いますので、取り損ねるリスクは極めてゼロに近いです。

その為、着手金無料の良心的なサービスを提供している事務所があるのです。

法律事務所

弁護士に依頼すると高くつくというイメージから、敬遠して保険会社にだけ連絡をして
済ませようと考えてしまう方が多いようですが、保険会社はあくまでも依頼者が有利になるかどうかではなく
保険会社の負担を減らす方向で考えますので、頼るだけ損になってしまう可能性も
残念ながら大いにあるのです。

しかし、交通事故に遭ったあとはじっくりどこの弁護士が相談しやすいかと選んでいる余裕はありません。
万が一に備えて、事前にネットで情報収集をするだけでもしておきましょう。

Copyright(c) jikosya All Rights Reserved.