トップページ 被害者  保険会社  ペット  ポイント  良心的  事故に強い  損保基準  役割の違い  サイトマップ

交通事故専門の弁護士へ依頼する

交通事故 弁護士が代理人になると示談交渉が有利になる

予期できない

歩行者として交通事故に巻き込まれるなど、自分に過失がない怪我に対しては
加入している損害保険会社は介入することが出来ません。

ですので、示談交渉は加害者が加入している損害保険会社の専任スタッフが
主導権を握ることになり、被害者の主張がほとんど通らないことが多いです。

主張が通らない

そのような場合は神戸のあさひ法律事務所に依頼して、交通事故 弁護士に
示談交渉の代理人になってもらうのが良い方法になります。

神戸のあさひ法律事務所の交通事故 弁護士は、これまでに何度も示談交渉の代理人として
被害者の権利を守ってきた実績があるので、被害者の方が納得出来る金額の
損害賠償金を獲得することが期待可能です。

交通事故 弁護士は交通事故で負った怪我が治療の甲斐なく完治せず、
後遺症が残ってしまった場合にも対応することが出来るので非常に頼りになります。

そして神戸のあさひ法律事務所の示談交渉の事例を見てみると損害賠償金が
倍以上に跳ね上がる場合がほとんどなので非常におすすめです。

金額が上がる

損保基準の納得出来ない損害賠償金に対抗出来る

示談交渉で弁護士に代理人になってもらわないと、被害者が圧倒的に不利になってしまう理由は
損害賠償金の大半を占める慰謝料が損保基準で割り出されるためです。

損保基準で割り出された慰謝料は損害保険会社の利益を守るために、法律で必要最低限と定められた
自賠責基準の慰謝料とほとんど変わらない金額となっています。

弁護士が示談交渉の代理人になれば、これまでに行われてきた裁判での
判決結果を基準とした弁護士基準での損害賠償金を割り出してくれる訳です。

裁判では、被害者が交通事故によって負った怪我が、どれほど精神的な苦痛を
強いられることになったのかを示談交渉とは比較にならないぐらい、
徹底的に突き詰めた上で判決が下されるので損害賠償金が大幅に跳ね上がることになります。

被害者にとっては妥当な金額の損害賠償金を手に入れることが出来るので、
示談交渉で弁護士に代理人になってもらうことのメリットは大きいです。

その分、社会復帰も早まることになります。


Copyright(c) jikosya All Rights Reserved.