トップページ 被害者  保険会社  ペット  ポイント  良心的  事故に強い  損保基準  役割の違い  サイトマップ

交通事故専門の弁護士へ依頼する

交通事故紛争処理センターはどういう場所?

予期できない

交通事故紛争処理センターは、交通事故が起きた場合の事故に関する
法律上の相談や和解のあっせんを行っている機関です。

センターには交通事故に関する知識を持った弁護士が在籍しており、
交通事故における損害賠償などに対する相談に乗ってもらうことができます。

そのほかにも「和解あっせん」にも対応している機関です。
その場合には、センターの相談担当弁護士が、被害者・加害者双方からの
意見を聞いて和解案を提示し、被害者・加害者双方が合意に至るまで
和解の成立に向けて動いてもらうことができます。

和解の成立

ただし、何度話し合っても和解に至らないこともあり、合意に至る見込みのない場合には
和解あっせんの手続きは終了となるのが通常です。

もしも和解あっせんを行っても合意に至らない場合には、センターにおける審査を請求することもできます。

その場合には、センターの上位機関である審査会によって審査が行われることになります。
審査会では、当事者双方から事故の争点や事故内容・主張などの聞き取りが行われ、
損害賠償問題の解決方法などが審査会によって決定されるのが特徴です。

ただし、この場合には被害者や加害者本人の同意がなければ、審査会での決定事項は無効となります。

弁護士との違いとは?

交通事故紛争処理センターでも弁護士が、事故の紛争に対して対応をすることになります。
センターに依頼した場合にも、センターの担当弁護士に賠償金の計算や和解のあっせんをしてもらうことが可能です。

また、自分自身で弁護士に弁護を依頼する場合と異なり、和解あっせんや相談などの
センターの利用には費用がかからないのがメリットと言えるでしょう。費用

ほか、長期間にわたる裁判をせずとも短期間で解決できる可能性もあります。

ただし、デメリットの一つとしては弁護士を選ぶことができないという点があります。
そのほかにも、たとえセンターで和解あっせんを利用したとしても、被害者あるいは
加害者本人が和解案に合意しない限りは和解に至らない可能性もあり得るのです。

また、センターの担当弁護士はあくまでも被害者の弁護だけをするわけではなく、
あくまでも中立的な立場に立って物事を判断します。

そのため、弁護士を依頼して裁判を起こした場合に比較すると、被害者に支払われる
損害賠償額が低くなってしまう場合もあるでしょう。

さらに、センターを利用する場合には、さまざまな書類を自分で用意する必要が
出てきますが、弁護士に依頼した場合には代理でさまざまな手続きをしてもらうことも可能です。

このようにセンターの利用にはメリットもあればデメリットもあるため、状況に応じて使い分けると良いでしょう。

Copyright(c) jikosya All Rights Reserved.