トップページ 被害者  保険会社  ペット  ポイント  良心的  事故に強い  損保基準  役割の違い  サイトマップ

交通事故専門の弁護士へ依頼する

被害者

予期できない

交通事故に遭ってしまった時、加害者側が不利なのは当然であることから
弁護士を雇って交渉することはよくあることに思えますが、
交通事故の被害者になった場合でも、弁護士に依頼するケースは多々あります。

最も多くの人が依頼するケースが、示談金の交渉を行う場合です。
交通事故後に加害者側が加入している保険会社から示談金についての連絡がありますが、
この示談金は保険会社が独自の基準を用いて算出していますので、被害者にとっては決して満足のいく金額ではありません。

満足できない

その際に弁護士に依頼して保険会社と交渉を行ってもらうと、過去の判例を参考にした弁護士基準で示談金交渉を行ってもらえますので
保険会社が最初に提示してきた金額よりも増額出来るケースが多いです。

また、交通事故による怪我の治療に関しても、弁護士のサポートが必要となる場合があります。
怪我が完治する前に保険会社からの補償が打ち切られるケースがありますが、補償の継続の交渉を保険会社にしてもらうことも可能です。

後遺症が残った場合についても、適切な後遺障害等級が認定されているかを調査してもらえます。

基本的に交通事故に遭ったあとは、全く痛みなどの症状が感じられなくても
即座に病院へ行って調べてもらうことが重要とされています。

病院へ行く

しかし、その場では問題ないと判断された場合でも、あとになって問題が出てくる可能性もあるのです。

面倒なことになりたくないという気持ちから、加害者との関わり合いを諦めてしまう人も
中にはいるようですが、それでは損をするしかなく、その後の生活も決して楽しいものではありません。

仕事のことも考えなければと大変な気持ちはあっても、頼れる弁護士を見つけることで
できる限りのことをするのが一番なのです。

Copyright(c) jikosya All Rights Reserved.