トップページ 被害者  保険会社  ペット  ポイント  良心的  事故に強い  損保基準  役割の違い  サイトマップ

交通事故専門の弁護士へ依頼する

ペット

交通事故は、決して人間だけの問題ではありません。
家族の一員として、愛情を注がれて、生活をしているペットたちですが、
不幸にして交通事故に遭ってしまうことも決して少なくないのです。

事故に遭う可能性

「痛い」「辛い」など、人間のように自分自身で意思表示をすることができればいいのですが、
ペットの場合には明確な意志表示ができないことがほとんどです。

あとから不具合が出て、医療費などを加害者と交渉しようと思っても、それが事故によるものであるかどうかを
証明しにくいため、交渉が難しいケースが多く見られます。

そのため、相手側との交渉をより有利に進めるためには、直接相手側と交渉をするのではなく
ぜひとも弁護士に交渉を依頼するべきだと言えます。

たとえ飼い主の側では知らないようなことでも、
交通事故に関する交渉の経験が豊富な弁護士ならば、依頼者の側が満足できるような
できるだけ有利な内容を導き出してくれることが可能です。

答えを導く

大切な家族の一員であるペットが交通事故の当事者になってしまった場合には、
ペット自身は明確な意思表示ができないということを忘れてはなりません。

かといって、弁護士に依頼するとなると費用がかかることを懸念して、
自分でなんとかしようと思っても、結局は泣き寝入りに終わって
無駄な労力を使うだけ、ということにもなりかねません。

そのため、後になって後悔することがないように、相手側との交渉を弁護士に依頼するとよいでしょう。

Copyright(c) jikosya All Rights Reserved.